2019年はどんな年?~意識を遊ばせよう~

わたしたちは、いま、それぞれが所有するものすべてを、共有できる地点にいます。
そのような時空はすでに存在していますが、2019年は、その意識の拡大がスピードを加速してゆきます。
 
ここにいるあなたも、その意識の次元に移行できるのです。誰一人、遅れをとっていません。なかには、そのような意識をすでに内側に創り上げて、近くまでたどり着いている魂を自分の意識に繋げ、手助けしようと働きかけている魂たち(スターシードなど)もここにいるでしょう。
 
それぞれに様々な挑戦をしてきたわたしたちですが、今年、一律で同じスタート地点に立っています。あなたがもし、その意識に移行できれば、同じ意識の繋がりを強く感じることが出来、どんな状況にあっても、必ず、安心を得て強くなります。

このしくみは、より多くの意識が繋がることによって、明確にシステムを起動させます。

 
手前みそで恐縮ですが、わたしの行うメールセミナーはその原型だと思っています。
全体意識の変革の準備をするために、メールセミナーにご参加くださった皆さんとともに準備をしてきたのです。
 
どのような意識の繋がりであり仕組かと言いますと、メールセミナーにご参加いただいた皆さんからは、わたしはいつも、個々の体験を与えてもらっています。それはあたかもわたし自身が体験したように、わたしの魂の学びと知恵となります。ときにはその感情さえもリアルに頂戴します。しかし、それは、マイナスのよからぬ波動をもらってしまうのではありません。それは、わたしにとって、魂の貴重な体験なのです。わたしには出来ない体験を、わたしはリアルに体験させてもらいます。
 
わたしは意識で、繋がる方たちの体験を、全て光にしてのみ込みます。 
そのお礼として、わたしは、わたしの霊的な力や体験を彼らに送っています。そして、それは、時にはわたしの霊的な悲痛な記憶やエネルギーと感じるものとして捉える人もいるかもしれません。しかし、それは囚われであり思い込みです。そのエネルギーの体験によって、繋がる人たちは霊的な経験を積み重ね、そのエネルギーを処理できるわたしと繋がっていることによって、非常に安全に霊的な体験をしているということになります。
 
『意識で体験を全て光にして飲み込む』。それに対して、わたしは貪欲かもしれません。
 
昨年からメールセミナーでスピリチュアルな仕事をされている、若しくは、これからしたいと望んでいる方たちと多く繋がりはじめ、もっと繋がりたいと思ったのは、わたしの中にたまった霊的なエネルギーをもっともっと流したいからなのでしょう。内側にエネルギーを温存させようとため込んでしまうと、苦しくなるようです。
 
わたしがセミナー参加者の皆様に、「思い悩み、いけすかんところこそが、あなたの魅力、あなたの才能、あなたの得意分野。」そうお伝えするのは、彼らの体験が、誰かに分け与えられるギフトだからです。個性的であればあるほど、良いです。独創的でひんまがった性格も、またよしとしましょう。それは、だれかへのギフトになるのです。
 
 
さて、今年のキーワードである【遊び】に話を戻しましょう。
 
【遊び】には、規則はありません。
 
だからこそ、遊びは自分でコントロールする必要があります。
 
【意識で遊ぶ】
 
それは、わたしたちの自由意志の訓練です。
 
自由は、宇宙に放りだされるような解放感と恐怖感を同時に体験できるでしょう。
 
その訓練で、無限である高揚感や、終わりのない孤独感に翻弄されながら、わたしたちは、意識で、様々なものを共有しはじめるのです。新しく何かを求める必要はなく、変わる必要もなく、意識によって必要なものは、常に分け与えてもらえると気付くのです。もはや、枯渇感も劣等感も生まれようがないのです。
 
『意味わかんない』と言う人は、いまの自分に必要だけれど持っていないと不安に感じるものをイメージしてください。そして、そのすべては、いま目の前にはないけれど、”どこでもドア”を開けたらすぐ掴めるところにあるとイメージしてください。
『どこでもドアはどこにあるんだ?』と考えてしまう人は、どこでもドアはまだ見えていないが、実はすでに手が届く数歩先の次元にあるんだと理解してください。
 
『実際にそうはならないもん!』とツッコんだ人は、『もう、そう思ってみるしか救いようはないよー』と思うようなことがあるまで、のびたくんのようにのんきに待っててください。だってそれは、本当にあなたの中にもあるんだもん!
 
さあ、準備は始まります。
あなたの意志で、あなたの意識で、あなたのいま抱えている状況から、全てを起動させることが出来ます。
 
自分で起動させることが出来ないと感じるのであれば、わたしの霊的な力をお貸ししましょう。 
それはいずれあなたの中で、あなた自身の力となってゆきます。(いわばわたしはとっかかり。)
 
そうして、わたしはあなたへの役割を終え、次の魂へとエネルギーを送り続けるでしょう。
その時は、あなたが、わたしに霊的な力を貸してくれる番なのです。
 
その未来を、わたしはいま感じています。
だから、はやめはやめにお礼を。心からあなたに感謝し続けています。
 
なかには、まだその力がなくても霊的な力を絞り出してはわたしに貸そうと流してくれる人もいます。まずは自分を整えることをしなくてはならない段階をすっとばすという無知と無謀さがございますが、絞り出して渡してしまうことで自ら苦しくなり縮こまる経験を経て、自分が霊的な力を過信していたことや、霊的な力を生みだし渡すという作業には想像を超える空間、時空、存在と繋がり、魔の領域へも足を突っ込む可能性があることを知ることとなるのでしょう。その気付きに今世をかける人もいます。自身のスピリチュアルな仕事への無知を知るために、スピリチュアルな仕事をする人も、多く見られる昨今です。
 
しかし、そういう学びがあってこそ、来世でのスピリチュアルな発展と役割への道が開けるのです。だから、わたしはそういう方たちからの霊的な力も、意識も、遠慮なく頂戴します。ちょっと危なっかしい霊的なエネルギーを、ウッラ奥様が焼いてはおいしそうに食べていたクレープのように「あーん」と大口で食し、霊的な栄養源にしますわ。(名付けて!kazumiのエネルギー絶対値の法則★)
 
makiba.jpg
 (牧場の少女カトリより)
 
今月もメールセミナーにご参加いただいた皆さま、大きなお力添えに感謝いたします。
 
さて、しつこく続きますよ。お次は実践編です!
 
椋木和美
 
 
 
 
 

コメントありがとうございます

  • コメントはまだありません。

コメントはこちらのフォームからお願いします。

登録フォーム
お名前
Mail
URL
絵文字
コメント
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
閲覧制限

PAGE TOP