2020年から時間に対する概念を変えれば、人生の時間を操ることができます。

2019年は、時間の流れを早く感じる人、多かったと思うのです。

『ああ、何もしないでまた一年が過ぎてしまった…』と。まあ、いつものセリフだという感もあります。

けれども今年は、いつもより時間(というより月日)の流れが”遅く”感じる一年になりそうです。

あちらこちらでスピリチュアルな情報を得ている人には当てはまりにくいように感じられ、ピンとこない人もいるでしょう。ここに繋がる人に起きる現象を書いています。どうぞよろしくお願いいたします。

次元上昇し意識が拡大すると時間は速く短く感じるというようなことが言われていますが、じゃ、これは意識が低くなったから?ととられそうですが、正確に言いますと”時間”や”常識”という概念から離れることによって起きる”症状”なのです。

言い換えれば、時間や常識という概念から離れると、時間をコントロール出来るようになるということでもあります

このような意識へと移行している人が多い中、それに気付いていない人が多いようです。けれどもここで気付けば、あなたは時間をコントロール出来るようになります。

なぜそれは起きるのか、それを起こさなくてはならないのか。

それは、様々な囚われや制限や思い込みを外し、それから少しでも解放されなくては、2020年以降はままならないと感じることに出くわす可能性が大きいからです。いくらスピリチュアルなことを学んできたとしても、立派に生きてきたとしても、窮地に出くわす機会が増えてくるからですそれを”もう終わり…”という窮状だと信じ込んでしまいあなたの真の可能性を見失うことになりやすいということです。

いいえ、わたしたちという魂の役割は、自分の戸惑いに溺れたり、世の中の困惑や悪意を吸収し犠牲になることではありません。

これまでにないピンチは、わたしたちにとっては常に、人生の最大の転機。それぞれが意識の大転換を起こし大きな変容をきたすチャンスです。

けれども、それをこれまでの囚われの意識を残したままで感じてしまうと、変容を覚醒にするどころか、疑いと諦めへと繋がってゆきます。感受性が強ければ疑い諦めも深くなりそれから得る学びも大きいのですが、2020年以降はそこから這い上がりにくくなるので互いのサポートが必要です(ここはわたくし頑張りますよ!)。

まず、何が起きてもそれは自分の行いが悪いのではなく、わたしたちにとってそれは、世の中に蔓延する悪意や弱さの犠牲なのだと知ってください。(自分が100%起因しているのではなければ対策や改善は可能!)

囚われは、『自分とはこういう人間だ』『自分とはこのような囚われから解放されない魂だ』と良くも悪くも自分を決めつけてしまいます。変容出来ると信じてやまない魂が囚われを捨てきれないと、その生き方も感じ方も『ちゃいますよ!』とお知らせが来ます。わたしたちは運が良いので、激しく変容を起こすしかないピンチとして現象が起こります。

 

さて、時間について話を戻しましょう。 

時間という囚われから解放されてゆくと、時間を早く感じることも遅く感じることもなくなります。

永遠の時間を感じることができます。時が止まっているようにも感じることが出来ます。

これによって、いつでもできる、焦る必要はない、むしろ何もしないという選択もOKという感覚を得られます。

ここで早とちりしないでほしいのですが、今世は何もしなくてもいいのだと思うことを良しとするのではなく、この感覚を得られることで、新しい視点で人生を仕切り直せるようになるということです。

何もしなくてもよいということが良いことだという結論ではなく、一旦、何もしないという選択もOK!という感覚を真に得ることで、よりゼロベース思考へと移行できるのです。

 

結果的に第二の人生がスタートします。

 

第二の人生へと意識が移行できるということが、あなたの奇跡となります。

わたしの大好物の奇跡。奇跡を感じればおかずなしでご飯何杯でもいけちゃう。

ただし、ここに繋がる人は『わぁお!ミラクルよ💛!』ってキラキラ奇跡ではなく、どっかーんと堕ちたところから這い上がって見せて、とんでもないものを感じて触れて拾いあげ、こーんなところにたどり着いちゃったというような奇跡です。解っていただけるかしらん?

奇跡を起こす領域に意識が移れば、自分自身の囚われからくる制限が外れ、おのずと常識や思い込みからさらに解放します。あなたはあなたという人生を真に感じられるようになるのです。

奇跡を起こして自分が救われたかったのか、真の自分を感じたかったのか。感動は後者により大きく起きるでしょう

 

さまざまな囚われがなくなり、あなたはこれまでよりも自分を感じることに時間を割くことが出来ます。

あなたの、あなたを感じる時間が確保されることによって、時間の経過をこれまでより遅く感じるようになります。

時間という概念に縛られていたことから解放されると、あらゆる焦りはなくなってゆきます。

時間という概念に囚われなくなると、時間が過ぎるのがはやいと感じる体感よりも遅いと感じることが起きるのが”わたしたちの”2020年です。

これは意識的にあなたが自ら起こせる状況を説明しています。

スピリチュアル的には、人生の時間を長く出来る人が出てきやすいと言っていいと思います。

時間が遅く長く感じるのは、意識が下がっているということでも、スマホの見過ぎで脳が疲労し頭の回転が悪くなったということでもなく、時間という概念が過去のものと変われば、時間を長く”感じやすく”なるのです。

世の中にあらゆる価値観が交差しているように、スピリチュアルな空間ではあらゆる次元が交差していて、あなたの周りには時空の歪のようなものが絶えず存在しています。その流れを意識しながら自分に意識を向けていると、自分だけが止まっているかのような錯覚に陥ることができます。

これが、時間をより遅く感じる要因です。

わたしはよくやっているといいましょうか常にここにいるといいましょうか、あえて時空のひずみの中に浮遊するのです。

 

この際、一切の時間がなくなります。

 

よろしいですか~、ついてきてよ~、

 

あなたがスピリチュアルな世界を感じてそれを学ぼうとするそのとき、必ず、意識しようがしまいが、時間で制約された次元から抜けています。

あなたが(あなたにとっての)本物のスピリチュアルな情報をネットや本で読むとき、時間の制約から解放される。

つまり、ふんわりした何かに包まれる感覚になります。自分の深いところにある光に繋がったような安心の躍動感や喜びの感覚です。

けれども、あなたが(あなたにとっての)偽物のスピリチュアルな情報をネットや本で読むときは、時間を早く感じさせられます。早くそれをしないと!!まだそれになっていない!!という感覚に包まれます。煽られたような躍動感や喜びの感覚です。(これ危険。)

意識して時間という概念に騙されないように自分と向き合い、時間の概念を覆すことが出来れば、あらゆるものに制約を感じることが”少なく”なります。(いきなりはなくなりません、焦らんでください。)

時間に縛られなくなると、焦りもなくなります。

『ああ、何もしないでまた一年が過ぎてしまった…』なんて感じる必要がなくなります。

そのような次元に意識はおられなくなるのです。永遠の時間を感じるからです。

この感覚と繋がれば、冷静に自分を見つめられますし、自分の歩むべき道も見えてくるのです。


(続く)

 

  • 2020年02月24日 21:46 / Comment(0)

コメントありがとうございます

  • コメントはまだありません。

コメントはこちらのフォームからお願いします。

登録フォーム
お名前
Mail
URL
絵文字
コメント
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
閲覧制限

PAGE TOP