ハラハラさせられるほど物事の善悪を計るものさしを持てない魂の魅力と導き方

前回の彼女のメッセージはつまり、ありのままの自分を愛し慈しむこと。
 
その感受性、その純粋さ、その賢明さ、その粘り強さ
自分の思い悩む様さえも、それは繋がる全体を支え包み込むこと。
 
このような魂に悩むことを止めなさい、憂うことを止めなさい、その感受性をコントロールしなさい!
そのようなアドバイスは野暮と言うものです。
そのすべてが、彼女が生きている意味なのです
 
このような無垢な魂が、どのようなお子さんとご縁を持ちサポートをするのでしょう。
引き続き共有させていただくのは、彼女の息子さんの霊視カルテです。
そう、ハラハラさせられどこか攻撃的でもあり危なっかしさが魅力のあなたのカルテでもあります。
共有どうぞよろしくお願いいたします!
 
 

 
 
 
 
 
霊視カルテ
 
 
≪魂の性質≫
 
まさに風のように走りぬける魂。迷いを知らず、底抜けの楽天性でどんな状況も切り抜けてゆけます。
 
その動きはまるで踊るように軽やかでスピードがあり、闊達。落ち着く暇がありませんが、それが心地よく喜びに満たされることなのです。
 
動いている時は頭の回転も速まり意欲的になり、次々と興味の対象物を見つけては働きかけるのです。ただ見ているだけでは満たされず、興味の対象に根気強く、そして深く関わろうとします。それはまるで忠誠を誓うように、従順であり親密であり、献身的なあなたとなるでしょう。
 
五感が鋭く非常に感覚的に生きますので、好きなものは大好き、嫌いなものは大嫌い、よって、自分の世界を早くから創り上げて、その中で自分を生かすことに専念できます。
 
人生に迷いは生じにくく、ハッキリとした意思表示をします。自分のコミュニケーション能力を強く感じるきっかけをつかむと、物おじしなくなり、前へ前へと自分を出してゆき、表現することの楽しさに夢中になるでしょう。
 
これらの性質を生かした才能は、踊りや演劇など、活発に動き表現する事。多くの人と一緒に行う作業や仕事が向いています。一人でいるのは寝ている時だけと言っても言い過ぎではないほどに、あなたは誰かと共にあり、その瞬間を思い切り楽しむことを得意とするのです。
 
鋭い感性を生かした、芸術、美術、芸能、企画などを得意とし、自分が表現することも大好きで才能がありますが、ダイナミックに大勢を動かすような、そしてそれにスピード感があることであれば、あなたのエネルギーを持って仕切り、動かし、その時にお得意の集中力を使って緊張感を楽しみ、あなたは人生を楽しみながら充実感に満たされてゆくでしょう。
 
年を取ることで、不必要に動き回ることからそのエネルギーを分散させるように、声を使い、頭を動かし、監督するなど人を動かすことに流れはシフトするでしょう。
 
 
≪魂のクセ≫
 
好きなものは大好き、嫌いなものは大嫌いですので反応が激しく極端なため、食わず嫌いでそれと関わらないようにしているように勘違いされます。
 
けれども、あなたには鋭い直感と感性がありますので、理屈抜きにそのものが自分に必要であるかないかが判断されるのです。
 
物事の善悪を計るものさしを、良くも悪くも一切持っておりません。そのため、人の悪意や危険に対して極めて警戒心や防御する力がなく、騙されて、痛い目に遭うことも多々あるでしょう。
 
迷いのなさは、周りから見ると危なっかしい人物にも見え、何も考えずにものごとを判断しているように見えます。ハラハラさせてしまう、しかしあなたは全く意に介さず、特に身近な親族にとっては、やきもきしてしまう相手となるでしょう。
 
しかし、少し乱暴にも見えるそのハラハラとした生き方や在り方は、同時にあなたの魅力でもあるのです。
 
あなたのハッキリとした意思表示に対応しきれない人は、あなたを避けようとするか、嘘で誤魔化そうとするでしょう。しかし、それによってあなたは傷ついたりはしません。ですから、あなたに自分の嫌な面や整わない自分を感じさせられてしまうと感じる相手をよりいっそう傷付けることにもなるのです。あなた自身、そんな自分の性質をどこかで気付くこととなるでしょうが、あなたは相手への興味があれば、その関わりを止めることが出来ないのです。
 
あなたの関わり方が、相手が自分の嫌な面や整っていない面を知るきっかけとなるにも関わらず、相手との関係を容易に断ち切らないとすれば、あなたがそのことによって攻撃されるとも言えるのです。しかし、その攻撃を楽しみ、面白がり、深い関わりとして感じるあなたですので、そのことを生かして熱く関わる指導者となり、魂のクセを生かす方法が賢明と言えるでしょう。
 
そのような役割を持てずに熱い関係を続けると、あなたは問題のあるところへばかり身を移しては落ち着かない人、というレッテルを貼られてしまうことにもなるでしょう。
 
 
≪今世のテーマ≫
 
自分を自分で強くコントロールする力を死ぬまで養って高めてゆくこと。
 
あなたの魂は非常に特徴的ですが、とても開花しにくい性質でもあります。一歩間違えると、その才能や良さを全く出しきることが出来ず、誤解され、自分を悪いものとみなされる方へと引き寄せられてしまうのです。そうしてその悪いものから抜け出せずに停滞しやすいことも、まさにあなたの性質でもあるのです。
 
あなたの魂のスピード感は、その速さゆえに共鳴し合うものが少なく、しばしば得体のしれない淋しさや不安を生んでしまうことがあります。そんな時に、少しでも自分と近しいと感じるものと触れ合うと、あなたは淋しさを埋めるようにそれに惹かれてゆくのです。
 
自分と近しいと誤解しやすい波動に、悪いもの、怠惰なもの、乱れたもの、傷つけるものがあるのです。もしもそれらと不用意に共鳴することとなれば、あなたはそのスピードをもってそれらと強く共鳴し合い、善悪の判断がつかなくなります。
 
周りから見ると危なっかしいのですが、あなた自身はそれらと純真に関わります。仲間を得た嬉しさと、それらに対する強い仲間意識で、あなたは非常に友好的に接するでしょう。
 
それは、単に悪いものに染まっているようにも見えますが、それらの、誰もが怪訝に思い、怪しみ、排除したがる人たちを、あなたは純真に関わり、愛し、尽くし、楽しみ、裏切らないのです。見方を変えれば、あなたの強さと真っ直ぐな純真さで、“悪”を浄化し、“悪”の核にある“悪”になる前の純真な性質や弱さや哀しみをあなたは解放させてあげ、見つけ出して救ってあげているとも言えるのです。
 
そんなあなたは、悪いものとも仲良くなれ、正義や誠実なものとも解りあえ、幅広い人脈や社会との関わり方をすることになるでしょう。
 
どちらの味方でも、どちらの敵でもない。ただ直感でご縁があったものにはあなたは全力で関わり、そして必要とされれば、相手がもう必要がないといっても、根気強くそれらとの関わりを続け、周りが予想する以上の結果を出してしまい、周りを驚かせ、呆れさせ、そして感心させることとなるのです。
 
そういった役割を果たすため、ぶれてしまわないためにも、あなたは今世で自分の性質を客観的に理解し、自分で強くコントロールする必要があります。
 
若しくは、強くコントロールしてくれる(つまり強く制止てくれる)指導者と繋がり、手本としてゆくことがあなたの魂をより高めてゆくこととなるでしょう。

コメントありがとうございます

  • コメントはまだありません。

コメントはこちらのフォームからお願いします。

登録フォーム
お名前
Mail
URL
絵文字
コメント
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
閲覧制限

PAGE TOP