あなたは本当に低い波動に苦しめられてる??

 【お返事レター】を共有させていただきます。波動を高めようとせっせと頑張っていたら、周りの低い波動に敏感になり、全く受け付けなくなる…。低い波動を浴びようものなら、ダメージは大きく、回復するのも一苦労。そんな、あなたへ、本当にその状況から脱出できない?低い波動に敏感になったステイタスに酔いしれていない?そう一度疑問に思ってみて。だって、あなた、そんなことにはまり込むような魂じゃないかもしれない。超現実的で、動き回りたいのだから。

 

ご質問:人混みもだめ、友達とご飯も苦しい。電車なんてノーサンキュー からだの反応がすごい。。外に出ることが億劫です。どう頑張ってもなおらない。流れを信じればいいのでしょうが、いまのわたしの力ではどうにもこうにも…。

 

お返事レター: 

スピリチュアルな情報を日々探し続け、勉強し続けているあなたにとって、人のマイナスの波動を感じとり、体にひずみが出るほど自身の変容を感じ、外の低俗な世界を見ることは、耐えられない怒りと悲しみの体験でしょう。

しかし、その苦しみは同時に、あなたにとって、確かな自信となるのです。

自分がこれほどに敏感に波動を感じとり、人々の動きに影響され、感情の浮き沈みを起こすのは、人類のカルマを感じ取っていると、あなたは心のどこかで安心するのです。

【大丈夫、わたしはちゃんと感じている】と。

あなたが潜在的に、これらの悪波動を感じ取ることを自信にし、自分が生きている意味を見いだせると感じているとすれば、残念ながら、あなたのこの症状は、自分自身によって、願いとなって引き起こされるものなのです。

関わる誰かが本当に悪波動を出しているのか?疑うことも新しい発見となります。

疑っても、もし、そうだとすれば、あなたは、その悪波動を感じとり、処理することを生まれた意味とし、経験とし、学びを貪欲に得なくてはなりません。

この苦しみの中で何かを感じ取りたいのならば、外に出なくて済む状況を与えられていることを生かし、自分を守り、守られた自分が、逃げでもなく、静かに心地よい環境の中で何かを悟らなくてはならないでしょう。

それが、あなたの役目であるかもしれないからです。

その隔離された悟りには、決して、現実逃避と病的な隔離を自分自身が感じないことが必須となります。

周りから病人扱いされれば、自分が病人でないと信じ続けることが学びの一つともなります。

これは、現実的な成功を果たすことよりも厳しいことと言えるかもしれません。

今のあなたの経過に至った一つの理由として、スピリチュアルな情報を得過ぎていることが挙げられます。

自分で感じることではなく、深く悟っている超越した存在からのメッセージを得ることによって起こる、あなたがたの一つの問題でもあります。あなたは、その問題に触れたいのかもしれません。

今までにないものを感じたその時から、そのメッセージが絶対的になることと、もっともっと超越したメッセージを追い求める作業に日々時間を費やしてしまいます。

このように神経と思考を張り巡らしていれば、神経と思考を張り巡らしているように感じない人たちや、状況に、ひどく低俗なものを感じてしまうでしょう。

それはつまり、自分自身と同じ行いをしているものしか認められないというひどく狭い了見となってしまうのです。

皮肉ですね。そして、その結果陥る状況として、その超越したメッセージを放っている存在と、魂的に同レベルとなった気がし、同じ体験を求め、同じ体験をしていると思うようになることです。

“わたしはあなた”、“あなたはわたし”ではありますが、メッセージを発する者と、あなたでは、経験することは違います。

色んな経験から得られる気付きや、行動、生き様を体験し、その想いを共有することで“わたしはあなた”となるだけなのです。

違う魂経験を持った存在が今得た気付きをメッセージとして発し、それを共有したことで、あなたがあなたでなくなるということは、あってはならないのです。

では、どうすればいいか?

それを、あなたが決めるだけです。

今の経験をしたいのか、しなくないか。それだけです。

経験をすることで、霊的な学びをしたいのであれば、それを感じる自分を歓んで、それを堪能し、分析し、体感し、あなただけの悟りとしてください。

あなたがもし、今の体験を本当に終えたいのならば?

外へ出てください。苦しさに辟易としながら、苦しさをかみ砕き、苦しさを罵倒し、立ち向かい、苦しさを呑みこんでください。あとは、その苦しさが、自分のクソとなって出るだけです。それが苦しさの正体です。クソみたいなものです。

あなたがその事実を信じることが出来れば、あなたは今の状況をどうすればいいか結論を出すでしょう。

今すぐ、それがクソだと信じられば、あなたは立ち向かう必要もない。

答えは、人混みのない、不要な人間関係のない、電車のない、体に良い環境へと身を移すことになるかもしれませんし、環境に慣れ、自分らしさを歓べることかもしれません。

しかし、あなたが、その先の答えを出すには、この苦しみに立ち向かえると信じられることが必要なのです。それを知ったうえで闘うのか、相手にしないのか。

なにもしないで、何かを超越しているように“見える”誰かがいる世界に自分の学びを無視して今すぐ行けることなどない、と知るべきです。あなたは、それを望んでいないのです。

人間を超越したかのような存在やメッセージがあなたに必要であれば、すでにあなたは苦しみから抜け出ているでしょう。

その事実を知ることこそ、あなたにとっての強烈なグラウンディングです。

【あなたの学び】を優先して下さい。

 

 

 

メッセージを共有させていただき、ありがとうございます。

椋木和美

コメントありがとうございます

  • コメントはまだありません。

コメントはこちらのフォームからお願いします。

登録フォーム
お名前
Mail
URL
絵文字
コメント
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
閲覧制限

PAGE TOP