”賢者”として生きる使命 | Kazumi's Side

”賢者”として生きる使命

賢者の魂を持つ方からのご依頼により降ろされた【メッセージレター】です。
彼女の賢者としての使命を加速させ、賢者であるあなたの魂を奮い立たせます。

 

あなたは、自分の才能を知っている。
今、それが生かされていることも知っているでしょう。

あなたの才能は、すべてが感覚的なもの。感覚的に見出し、感覚的に分析し、感覚的に表現する。


神的な感覚で“美”を見つけ、その中から悪を見出し、それを、より深い“美”として表現し、価値を高めます。

あなたの才能は、“発掘する力”。

時々自分の才能が怖くなるでしょう。何にでも闇を見つけ、何をも光に変える。そんな自分の力をもてあまし、大げさに動かない方がわたしはわたしらしく自由で、狂気にならないと。

それは、ものの真理、ものの本質を深く、深く、えぐっていくから。
あなたの感覚はあまりにも繊細で鋭敏で、そしてときに攻撃的かつ自信に満ち満ちている。

あなたの鋭さは、神的な優しさとなり、そして、悪魔のように相手を突き刺す。
それを同時に行い、それをどちらも崇められる要素として持つ。

なたの鋭さで、向き合うものの本質があぶり出され、それは自ら自滅したり、繁栄したりする。

あなたにかかると、向き合う対象、向き合う現象、向き合う者も、まるで魔法をかけられたように、それそのものになる。

それは時に喜びとなり、時に残酷なものを相手に見せつけ、相手の中での経験とさせる。

あなたの美しく、高貴で、賢者としての誇りは前世からのもの。魂がその性質を炎のように燃やし続けているのです。

あなたはその賢者としての誇りと勇敢さを、いかにくすぶらせずに光として照らし続けるのかを、前世の自分に見せつけなくてはならないのです。

あなたは、自分の賢者としての勇敢さを、賢者も勇敢さも評価されにくい今世では、自分の邪魔くさい才能と感じるのかもしれません。

何故こんな私が、ここまで怖さを知らぬ魂であるのか、プライド高き存在なのかをつかめないでいるかもしれない。

しかし、あなたはそれを想い出し、過去生で経験してきたことは、今世で生かされなくてはならないのです。

あなたは、自分のその才能を十分すぎるほど知っています。そして、それが今生かされているとも思っていますが、賢者としての役割は、これから生きる過程で果たされてゆきます。

それは、自分が“賢者”であり続けることを許し、誇り高くあり、そこに存在していくことで果たされます。ただ、それだけです。

誰かの陰にいることではなく、あなたが王となります。


あなたが過去世で繋がり、あなたが見出した賢者たちを呼び戻し、全ての存在に今世で再び逢い、誇り高く、美しく華麗で、優雅で勇敢で、全てを失う怖さを知らず、【勇敢に生きる】ことを彼らに思い出させることが役割なのです。

あなたの魂なら、この言葉の意味を、きっとわかってくれるでしょう。

あなたは“賢者”であり、“神に仕える者”なのです。

そして、今世での“賢者”の役割は、大勢の仲間の意識を覚醒させることです。

それは力づくではなく、あなたの勇敢な姿により。

あなたが、どう振る舞い、どう表現し、どう生きるかがその道かは、あなたの魂が、良く知っているでしょう。

 

 

メッセージを共有させていただき、深く感謝いたします。

椋木和美

コメントありがとうございます

ポラリス

正に今、生きる道に迷っている私にとって、この記事は一筋の光です。
再び、勇敢で自由なシャーマン魂を奮い立たせることが出来ました。
ありがとうございます。

  • 2018年06月11日 00:02:02

Kazumi

ポラリスさま 再びこのメッセージに命を吹き込んでいただいてありがとうございました。どうぞポラリスさんの疑問をのみこまず、他に染まらぬ自分を肯定してください。わたしもまた、そうします。ありがとうございます。

  • 2018年06月24日 16:10:02

コメントはこちらのフォームからお願いします。

登録フォーム
お名前
Mail
URL
絵文字
コメント
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
閲覧制限

PAGE TOP