「この、ばかーーっっ!!! てめぇ、あたしを誰だとおもってんだよ!!!」って叫んだ君へ

〔注意※言葉に品がございません。〕

なんだよ、お前たち…ばかなのか?

そう思うほど、自分に返された反応に我慢の限界、うんざりし、鬱々とさせられる。

けれども、どう賢さを自負していても、そういうばか相手にムキになってしまっていることは事実なのだし、賢さを自負している(けれどもそれを生かせない)のはばかから見てもお山の大将のような恥ずかしさなのだし、それに反応することで起き上がらせてもらえるということで、もちつもたれつの関係。

賢くて、冷静に鋭い観点でものごとを洞察できるのだとしても、自信の空回りだとか、口先ばかりでいつもやる気のなさに負けていることだとか、特別な存在だと自負しながらも諦めの気持ちをもってしまうことだとか、

このままこのあたしが終わるのかっていう悶々とする気持ちをもって、ばかだと思うやつらを見下し吠えまくっていても、じゃあ、そういうあんたは一体何ができるっていうんだ?あんたは自分自身の悶々とする自信や過信をコントロールできるのか?その自信の裏付けとなるものは示せるのか、そもそも、自分をコントロールしなくてはならないような何かに挑戦しているのか、自分よりもばかを相手にして豪語しているだけで、していないではないか、それでは実際にばかながらも恥ずかしいことに打ち込んで一生懸命になっているものをばかと呼べる資格はないんじゃないのか?!と反発を招く。

ったくばかばかりだ!と息巻く前に、おれはなにがしたいんだー!なにに鬱憤がたまっているんだー!ともっと叫んでみるのがいいのだ。

ときには、こいつは無能だ、ばかだ、そう思うものを頼って叫んでみたり、直接けんかをうってみるのだっていい。

自分はばかにはわからない領域で深く考え、ばかには到底理解できないところに魂をおいているのだ、

「てめえ、同じ目線であたしに話しかけんじゃねえよ!それもわからないほどばかなのか!」「あたしを誰だと思ってんだ!!」とこらえきれずに、過信としか思われない言葉を言い放ちたくなったのなら、 

 

それは、ばかな奴らによって、奮い立たされたのですよ。

 

だから、いつも、ばかな奴らだと思いながらも関係を断たず、ハッキリと嫌悪感を示さず言えず腹にため(言わないのは同じばかだと思われたくないから)、そのくせ首をつっこみ、ついついお節介をやいてしまいたくなったり。突如理不尽な扱いや反応をされてしまうのは、おまえらばかかーと言える相手を求めているのですよ。

クソみたいな低レベルな反応をしたり情報を提供すれば、それに群がりはしゃいで浅いところで喜ぶばか!あたしが本当に示したい自分、本当に教えたいことなんて、あんたたちにはきっと難しすぎて強すぎて、価値がわからないんだ。だからあたしは、やりたくもない自分を示し、提供したくもない低レベルなことをあんたたちに合わせて出しているんだよ。

 

あたしが本当に示したいものはうんと価値があるのに、あんたたちにはその価値に気付けずにつまらないものって興味を示さない。あたしの真の価値を示せる他のものを、あたしはずっと示さずに我慢しているのに、そんなあたしを低く小さく見積もって

 

「てめぇ、同じ目線であたしの深い考えにわかったふうにのってくるんじゃないよ!」

 

と、そう言えるときがきた、ということは、

 

「んじゃ、もっとかしこくてご立派なあなたを発揮できる場所にとっとと行ってくださいよ。」と言い返される時期に来ているんですよ。

ばかな奴らからしたら、それに気付かせてあげて、エネルギーまでわかせてあげているんだから、「ったく感謝してくれよなー」ってところなのですよ。いなくなっても淋しくもないし、せいせいするんですよ。「あー、うるさいのが離れてくれた」「本性出したな」って。

 

「あたしを誰だとおもってんだ!!」ってブチ切れちゃったら、「んじゃ、いいかげんうごけよ!」ってことですよね。

 

あなたは、追い払う側?それとも、追い払われて動く側?

 

 

もちつ、もたれつ、ざんすね。

 

和美

 

コメントありがとうございます

  • コメントはまだありません。

コメントはこちらのフォームからお願いします。

登録フォーム
お名前
Mail
URL
絵文字
コメント
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
閲覧制限

PAGE TOP