あなたが生きる世界、あなたがすべきことは…

今回は、【お返事レター】を共有させていただきます。わたしのお客様の中でも、海外にご縁の強い方が多くいらっしゃいますので、メッセージを共有することで、前世の異国での経験をうっすらとでも感じていただければ、夢と思うことも、夢でなくなるかもしれません。ご質問頂いた彼女のお名前を霊視をすると、すぐに【海外行くしかないでしょ!】と感じました。夢でなくて、あなただからこそ可能に出来ることです。

 

ご質問:暫く社内翻訳の仕事をしていましたが、色々考えた末退職し、現在は次の方向性を摸索しています。今後、どういう選択をしたらいいのか、アドバイスをお願いします。

 

お返事レター:

今後あなたは、今まで以上に自分を生かすこととなります。 それを、自ら、強く高く選択していくことで、あなたの今の願望を遥かに超える場所へ身を移します。

それは、あなたが長年、夢に描いていたような世界に自分が生きることを意味しています。 

あなたの才能を発揮させる方向で考え、今までの既成概念から考えれば、どこかの組織に所属してみたり、世の中に求められる仕事をしようとするでしょう。 

しかし、これからあなたが生きる場所は、今まで生きてきた世界とは別世界でなくてはなりません。どんな世界か?それは、あなたが経験した前世のような生き方です。

それは、美しい自然に囲まれ、その中で日々の生活を、まるで特別なことの連続だと感じられるように生きることです。あなたが経験することを、夢の世界、おとぎ話の世界と感じられるために、これまで、あなたはあらゆる知識と技術を身に着けました。

あなたは、その場所、その土地で当たり前と思うことを、当たり前の日常と感じられる人たちに示しても、あなたの特別な経験や特別な表現力は生かされません。あなたの夢のような日常を、これまでに経験したことがない人たちに、そしてその価値を知り、その夢のような日常を同じく手にしたいと感じる人たちのために、表現するのです。

あなたは、異国を訪れる感動と、歓びを得るために、この国に生まれています。そして、あなたが異国に感じられる郷愁の想い、憧れの想い、美しさの価値について外部から感じ、それを外へ表します。

あなたがまずなすべきことは、【異国の地に住む】ということです。

もしくは、異国を旅し続けることです。

そして、そこで、あなたが感じられることを、神に(紙に)綴るということです。あなたの経験は神が経験したい感動です。

その感動は、日記であり、物語であり、脚本であり、雑誌のコラムであります。あなたは、日々、綴ります。客観的なものだけではなく、あなたの主観で感じられたものを表現しましょう。あなたの日常を、特別なものとして、特別な思いで語れるのはあなたしかいません。

あなたは、異国の地にエネルギーを求め、自由を求め、可能性を求める人たちの力となるために、あなたの知る、あなたの主観である文化、日常の美しい感じ方、過ごしかたを綴り、語ります。

海外に住み、あなたは文を綴り、それを語ります。それが、あなたがあなたとなる本来の生き方です。

翻訳する力であなたが発揮される能力は、日本語を巧みに使えるということ。ここを今一度知るべき。そして、読み取る力は、スピリチュアルな能力を使っているのです。

 

現実にそれを生かすためには…

●日本語に翻訳されていないスピリチュアルなものを、あなたの美しい日本語で紹介する。

●あなたの後ろについている人たちの中で多いのは“教師”。あなたも教師となろうとすれば簡単になれます。日本語を教える家庭教師でも良いでしょう。

●優雅な生活を送らずとも、あなたは前世で経験した国での生活を再び経験したいのです。慎ましくても、あなたの魂が懐かしいと感じる国で“生活する”=あなたの“仕事”。その国はベルギー、オランダ、フィンランド、カナダ・・・がイメージとしてしっくり合います。

●前世で作っていたように、コンフィチュールを作る。それやフルーツを使い、パンケーキなどを扱うお店をする。

●ガーデン&ナーサリーを営む。働く。

●田園風景の中で風の香り、緑の香りを日々感じ、太陽と土からエネルギーを吸い尽くした果物や野菜、穀物をつねに味わい、体を喜びに満たす。

●アニメの世界名作劇場に出てくるような舞台での生活を地でいく感じ。その生活の中で、自分にしかできない文を綴ったり、人に教えたり、あなたの感性を文体にし、表現し、あなたが自由であることを感じるためにそれらをする。

●自分のこれまでの体験を多くの人が出来るようにサポートする。(語学を学ぶ、海外に行く、楽しむ、自分を表現することへのサポート)。

●指導者としての、あらゆる道。

●体を自然と一体化させるスピリチュアルな癒しの方法(ヨガ・体操・瞑想など)を試み、それを伝える。人を集めて教える。

  

あなたが今から進むべき道は、あなたが思い描く憧れの道の第一歩となる道に足を踏み入れることです。それ以外は、ありません。

 

メッセージを共有させていただき、ありがとうございます。

椋木和美

コメントありがとうございます

  • コメントはまだありません。

コメントはこちらのフォームからお願いします。

登録フォーム
お名前
Mail
URL
絵文字
コメント
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
閲覧制限

PAGE TOP