小林正観エピソード⑧~正観さんは嫌なヤツだ!と思う自分を許した~

セクハラをされてから様々な感情を処理しようと努力し続け、
やっと穏やかに・・・
そう思ったのも束の間。私は突如ブチ切れ
”とんでもない気付き”を得ていきました。 
 

(ここから続き)
 
ちょっと待って 
わたしは やっぱり わるくない!!

浄化は進み 私は穏やかになるはずだった・・・。
けれどその時の私は覇気がなくシュンとしていたのです。
これって穏やか?おかしいんじゃないか?
 
当時こんな反動がおきてしまったのは精神世界の教えに囚われすぎた
ことが原因だったのでしょう。”感情的になり悪い言葉を出すことは良くない”
と自分に言い聞かせてきました。それを私は納得していると思い込んできました。 
しかしこの時、私の中で反逆が起きたのです。
  
無理はないことでした。
穏やかになることは 当時状況を受け入れつつあった私のように 
何もする気が起きなくなる ことではないはずだったからです。 
   
”悪いことが起きても、それをも受け入れ学びにする。”
そんな精神世界の、崇高な教えの通り自分が全てを受け入れたのか?
そんな気になって満足していて、本当にいいのか?
 
その時、私は何かを誤魔化しているような気がしたのです。  
いやいや もっと力強く前へ進まなくては!!
いきり立った私は、次にこう思いました。 
 
”いい加減 自分が悪いんだ悪いんだと責めるクセをやめよう!
 結局いつも偽善者気取りで 自分の悪いところをみたくないだけじゃないのか?
 この怒りの感情をコントロールできないから怒れないんじゃないのか? 
 怒るときは怒ってもいいんだ。怒りを感じて感情を出してもかまわないじゃないか。”
  
そう思うと自分の中にいる誰かが 『そうだ!そうだ!悪くない!悪くない!』と
ちっちゃい声で賛同してくれました(笑)。
    
その時です。
自分にそう言えた瞬間、自分の中で大きな安らぎを得たのです。
それには自分でも驚きました。
【怒ってる自分は駄目な人間だ】という囚われからの開放でした。
 
シュンとなっていた自分から 
そんな時もあるさ!怒った自分も許しちゃえ!
そう自分に言えたときの、少し馬鹿らしい喜び。 
 
正観さんに対しても、気付きを与えてくれたことに感謝できたとしても 
セクハラされたことに関していえば 嫌なやつ以外の何者でもないはずだ。
そう思っている自分を認めろ!
自分に向けてそう言った瞬間 さらに楽になったのです。
自分の味方は自分だけでいい!という何とも表現できない喜びがありました。
これが、私にとって自分を許すということなのかもしれない・・・。
   
それから 自分なりの答えが出てきました。これまで精神世界の教えを
一生懸命がんばって実践してきたのに こういうところに行き着くとは 
笑うしかない。 
  ↓↓↓↓↓
  
 【まだまだ未熟な魂は 自分に足りないものを
  感情を吐き出しながら得ていくのも ありなんじゃないか? 
 
  感情が吐き出されたとしても、その後大きくぶれる事はない
  と自分を信じてあげることの方が必要ではないか。
   
  感情を抑えることが無理だったら”我慢しなくて大丈夫だよ”と自分に言える。
   
  最悪吐き出せるという逃げ場を作ってあげる。そして、吐き出した時、自分を許す。
   
  もしマイナスの感情を吐き出したところで 私はおちていかないし
  悪いことも起こさない、大丈夫と信じる。
  
  こうした方法はもちろん良しとされないのだろうが、 
  自分の中の負の感情を抑える力になり、案外早く苦しみから逃れられるのではないか。
 
  おさえつけよう おさえつけよう みないようにしよう みなようにしよう
 
  これが益々問題を自分の中で深刻化させ 
  潜在意識では、抑えられない感情を常に注目し続けることになるのかもしれない。

  【自分に】感情を吐き出す。
  もちろん他人に感情を吐き出しても構わないと思っていますが相手があるから 
  それなりの反応がおきる。それを受け入れる覚悟と自分への信頼が決まれば、
  出しちゃえ!大丈夫だ! 
  
  精神世界の教えには いくつもの落とし穴がある。(それは今度また書くとして・・・)  
  まだ人間として大した器もないくせに 自分は教えが実践できると
  過信してしまうことも落とし穴の一つだろう。
  ストレスがたまるくせに頼まれごとを引き受けすぎ、
  マイナスの感情は常に抑え、何が起きても受け入れられる人間だと
  自分にも他人にも偽り続ける。 
  
  その結果、正観さんのように天才的に図々しい勘違い人間に利用される。
    
  教え通り出来る人は どうぞやってください。その代わり出来ない人を責めないでね。
 
  教え通り出来そうもない人は、教えに囚われすぎ自分を理想にあてはめようとする
  苦しみから解放されてもいいんじゃあないのか。
  そう思えてきたのです。 
 
  私は、理想としていた教え通りには出来ないこと、
  そして、今まで無理をしていただけだと認めただけで、気持が楽になったのです。 
  人間の弱さを知るための教えだったのか・・・私にはそう思えたのです。
  私は自分の弱さを許すためにこの道を通ってきたように思えたのです。 
  
  しかし、一つ言わせてもらえれば、精神世界の教えをまじめに実践してない人に 
  ”そうよね、感情は出してもいいよね!”と言われたら 私はその人に 
  うなずかないかもしれない。
  まじめに取り組んできた者が味わう喜び・開放かもしれないから。 
 
  実践できている人からすれば 私は脱落者かもしれない。 
  けれど 私はそれでいいと思った。】
 

とにもかくにも、  
人のことは感じるものがあるけれど、自分のこととなればさっぱり解からない。
けれど、私は感情をいったん出さなきゃ手放せないことは確かだった。
   
それから私は極端に強くなろうとします。
こうするところが私の未熟なところなのですが 
この行動がまた私に気付きを与えてくれました。 
 
続く・・・ 

  • 2011年12月07日 23:40 / 閲覧31193回 / Comment(25)

コメントありがとうございます

非公開

管理者にのみ公開されます。

  • 2011年12月08日 16:42:00

非公開

管理者にのみ公開されます。

  • 2011年12月08日 20:04:00

さるみ

小林正観さんの死を最近人のブログで知り、まだそんなに年ではないのになぜだろうと、ネットで調べていたら、こちらのブログにたどり着きました。
私は3年前に一度講演会に参加してから、小林正観さんには批判的なのですが、それでも
KAZUMIさんの文章は少しショックでした。
やはり普通の人、俗な人なんですね。
私は講演会で前の方に座っている熱狂的な信者さんたちが完全にマインドコントロールされているのと、正観さんが不健康に咳をしていること、話もくどくて大したことも話してないのにあの金額、結局途中でくだらなく感じて帰りました。
死因も事実かわかりませんが、糖尿病という説も出てきて、確か本でもよく食べると書いてあったなと思い出しました。病気のことでも人様に色々言っていた人なのに、食べすぎで糖尿病だとしたら本当にがっかりです。
教組のようになる人は欲が深い人が多いなと感じます。
食欲、性欲、出世欲、欲の根源はひとつですよね。
立派なことを語っても人間性の低い人はいると思います。
kAZUMIさんがセクハラと感じたなら、それはセクハラで犯罪です。
被害者は決して悪くありません。
どうか心の葛藤が早く解決しますように祈っています。

  • 2011年12月09日 23:06:00

ピーパー

KAZUMIさん、真面目過ぎますよ(笑)
私なんか仕事柄、とにかくスピードを要求される仕事をしていますので、自分が早くうまく仕事が出来なかったり、他の人の仕事が遅かったりするとしょっちゅうイライラしてますもん(笑)
もともとけっこう短気でカンシャク持ちな性格もあって、心の中で「おっせーよ!!(怒)」とか「ふざけんじゃねー!!(怒)」とかしょっちゅう思ったりしてますが(言葉に出して言った事はありませんが…)、ただそこでふと正観さんの教えの言葉とかが頭に浮かぶんです…
「いやー怒るのは体にも周りにも毒なんだよな…いかんいかん…」と…。

私は「まぁ、なるべく、怒らないようにしよう…」と思うのであって、「全く怒らないようにしよう」なんて土台無理な話で最初から無理だと思ってます……だって「喜怒哀楽」という言葉があるように、人間には「怒り[怒り]」の感情が本能としてもともと備わっていて、それも生きるために必要な本能なんですから[びっくり]

ただ、人を教育する時とかは、「怒り[怒り]」の感情を出しすぎると、それは単なるわがままになってしまい、下の者が反発して育たなくなるから、やめた方がいいっていう話なんじゃないですかねぇ?KAZUMIさんみたいに、自分の身に降りかかった危険な存在に対して「怒り」を感じるのは、ある意味とても人間らしい、当たり前の反応というか、むしろ怒りを感じないとまともに生きてなんていけないですよね(笑)[びっくり]

……要は、このKAZUMIさんのブログのように、高橋信次さんの教えにあるように「常に自分の心、思い、行動を分析し、反省する事」が一番大事なんだと思います…。

あと私が思うに、「怒っちゃいけない」とか「イライラしちゃいけない」とか、いろいろ教えがありますが、何が一番大切かと言ったら、多分「絶対に謙虚さを失ってはいけない」という事が、何よりも一番大切な事のような気がしてます……謙虚さを失った人間の心の醜さは、とても凄いものがあると、最近思いました…。

  • 2011年12月10日 01:28:00

Kazumi

さるみさん、コメントありがとうございます。 
正観さんとは生前食事を数回ご一緒したことがありますが、
とてもたくさん召し上がる方でした。
あれだけ外食が続いてお腹いっぱい食べれば 健康な人でも
すぐに病気になるだろうと周りの方も残念そうにおっしゃっていました。
 
正観さんの一件で浮き沈みを経験し、人は簡単にウツになれると
驚きました。そこに 逃げ込みたいような・・・。
そして、欲まみれの悪を見たとき、自分の中にも悪魔が生まれ
てくる怖さも感じました。
正観さんの本を読んで 正観さんの教えに何かを感じた私たちは、
こういう経験の時こそ 学びを実践できるかどうか試されるのかも
しれませんね。私は過信し過ぎてましたね。
正観さんの件に関しては お蔭様で今現在は非常に穏やかです。
その他の心の葛藤はまだまだありますが(笑) 
 
さるみさんとのご縁、感謝しております。

  • 2011年12月11日 23:49:00

Kazumi

ピーパーさん、いつもありがとうございます。
真面目通り越して バカですよね・・・
このあとさらにバカになりますが(笑)
 
ピーパーさんは自分の考えがしっかりある方ですね。
教えを客観的に分析することが出来ますよね。
私は 一つ言われると それを信じて それだけをしようとして
『絶対怒らない人間に私もまわりもなれる!』と信じてやまない
人間でした。そういうおバカさん人間が私以外にもいそうですよね~。
ピーパーさんがおっしゃる通り、自分の当たり前の反応を感じないように
しすぎると、まともに生きてなんていけないんです、私みたいに。
私はまともに生きていけなくて苦しんでたら今の仕事に行きつきました(笑) 
 
「常に自分の心、思い、行動を分析し、反省する事」
「絶対に謙虚さを失ってはいけない」
私も同じく そう感じます!
正観さんが投げかけたものは大きいですよね。
私が自分がバカなところも認め、それを出せるようになったのも
正観さんのおかげかな?あ~、感謝♪
ピーパーさん、スピードを要求されるお仕事、向いてそうですね!

  • 2011年12月12日 00:21:00

テスラ

はじめまして
私は小林正観さんの本を読み感動で涙を流した者です。
訃報を知り検索していたら貴方のブログにたどり着きました。

記事ですが大変回りくどいですね。
この⑧までしか読めませんでした。ごめんなさい。
酷な言い方ですが無駄な文章が多すぎです。

もしこれを風俗のお姉さんに話したらなんて言いますかね。
たぶんワハハって一笑されてそれで終わりでしょう。

もう少し強くなった方が良いと思いますよ。
男はみんなスケベです。肝に銘じておいてください。

貴方は稀に見る純情な女性、そんな貴方がいつまでも傷ついて
いるのは勿体無いです。
いい社会勉強をなさったではありませんか。

レイプされたわけではないのだから早く立ち直って下さい。

私も小林さんを尊敬していたのでこのブログを読んで、ちょっと
ガッカリしてしまいました。

と同時に「へぇ~、やっぱり普通の人だったんだ」と安心もしました。
はっきり言って、聖人君子なんて気持ち悪いですよ。
欠点があるから人間って面白いんです。

他人様に迷惑をかけちゃダメだけどね。

偉そうなコメント失礼しました。

  • 2012年03月17日 21:37:00

kazumi

テスラさん、
あなた様の方が純粋でしょうね。正観さんの本を読み涙を流すなんて。
 
回りくどく、無駄が多いのがわたくしです。
そして、確かに偉そうに(笑)わざわざこんな長文でコメントするのがあなた様です。私は匿名でのご批判は全く取り合いませんが、回りくどいとおっしゃりながら⑧まで読んでくださったのが奇跡です。
回りくどい、しつこいと思った方はきっとここからすぐに退散されています。あなた様がこれでスッキリされるのでしたらコメントどうぞお使いください。

それぞれ、自己責任で好きなように生きれば良いでしょう。 
 
これは数年前のお話ですから今の感情ではありません。
あなた様がこのような内容のコメントをしたくなったということに関しては私の回りくどさも意味があったと思います。
あなたのコメントからいろんな人が色んな意味で学べることも多そうです。

 

  • 2012年03月17日 23:43:00

ピーパー

テスラさんへ―――
「文章が回りくどい」という事に関してですが「こういう文を書く人なんだし、世の中人類の数と同じ数だけの個性があるわけだから、嫌なら読まなけければいいだけの話だし、別に読みたくなければ読まなければいい」というだけの話です。正観さんの話にも「自分の心の広さを広げれば、自分をイライラさせる人はいなくなる」という話がありましたよね。

あと風俗嬢に関してですが、「世間一般の女性が、風俗嬢を職業選択の一つとして気軽に選べるものではない」という事があります。

例えば、一般女性が「飲食店は、やりたくないけど、頼まれれば、まぁ仕方ないかな」とか「税理士はやりたくないけど、頼まれれば、まぁ仕方ないかな」とか「OLはやりたくないけど、頼まれれば、まぁ仕方ないかな」という話と、「風俗嬢は、やりたくないけど、頼まれれば、まぁ仕方ないかな」というのは全然違うと思います。自分の体を売るという行為は、本人自身の心の中に確固たる決心がなければ出来ない、とても重い行ないだと思います。なのでここで一般論として風俗嬢の話を出すのは、何か違う気がします。

あとレイプという言葉が出ていますが、電車で痴漢に遭った人は、レイプされたわけではありませんが、心に深い傷を負います。「痴漢に遭ったくらいでいちいち騒ぐな」と、痴漢に遭った人に言えるでしょうか?

あと「正観さんはやっぱり普通の人だったんだ」と言っていますが、「普通の人はこんな事しません」

「欠点があるから人間って面白いんです」と言っているのも、例えば職場でいきなりお姉さんに抱きついて、顔と口を近づける行為を、その人の欠点として面白いと言えるでしょうか?失敗やうっかりミスが多いというのは、人間だから仕方ないよねと思える部分ですが、正観さんの場合、明らかに失敗やうっかりミスではありません。

極論、正観さんの行為を正当化するならば、「職場で美人のお姉さんがいたなら、いきなり抱きついて、顔と口を近づけても、まぁ人間なんだから仕方ないよね」と許されてもいいという事になってしまいます。果たしてそれは社会人として、人間として許される行為でしょうか?

―――しかし、だからと言って、私は正観さんの全てを否定するわけではありません。正観さんの書いた本、これは本当に本当に素晴らしいものです。

だから私は、正観さんの「書いた本」と「行なった行為」を、別に別に切り離して考えてます。一人の人間の中にも、崇高で次元の高い面もあれば、恐ろしく低俗で糞な面もあるという事がわかった気がします。

「しかしたからと言って、正観さんの行なった行ないが、許されてもいい行ないであるとは断じて言えません」

「涙目で物事を見てはいけない。涙目では見えるものが曇ってしまい、物事の本当の姿が見えなくなってしまう。常に冷静で曇りのない目で物事を見よ」という言葉を聞いた事があります。

正観さんの書いた本、これは本当に素晴らしいものだと思います。しかしだからと言って正観さんのやった行ない、これは絶対に許されざる最低最悪な行為だと、私は思っています。

  • 2012年03月18日 06:16:00

スカイブルー

プラス思考も行き過ぎると
自分の心や人の心を見失います。
私がそうでした。

まずは自分です。ステラさんはまず、ご自分の心と向き合ってはどうでしょうか。
書物にこたえを求める前に。。

  • 2012年03月18日 07:36:00

テスラ

あれれ、怒っちゃった?
ごめんなさい。
「回りくどい」っていう言葉がいけなかったんですね。
素直に謝ります(^_^;

反論もしてみたいけど、もうすでに凄い長文で書かれちゃってるので
やめて退散します。

  • 2012年03月18日 10:47:00

kazumi

テスラさんが、記事を読む気もないのに反応を見にきたのは面白がってる愉快犯なのでしょう。プリプリして欲しかったか、反省してほしかったか、凹んで欲しかったか・・・それさえもどうでもよいかな?

残念ながら身内にいつも
”回りくどく無駄が多く、しかも遅い・・・”と野次られてますので、怒れません(笑)。皆も知ってる事実です。
 
 
って言っても、もう退散されてるか。批判って、慣れるのよ[ハート]
 

  • 2012年03月18日 12:55:00

スカイブルー

まわりくどさを 感じたことは一度もないな~。

女性らしく、丁寧な文章ですよね。

男性的に

いついつどこでセクハラ受けました。

と簡潔に書かれるのと

心境を細かく説明してある文章では
受けとりかたも違います。

ここまで丁寧にかいてあるからこそ
こころに染みます。

書き手がなにを伝えたいのか、

そこを想像するのが重要ですよね[ハート]

  • 2012年03月18日 16:11:00

kazumi

スカイブルーさん、いつもありがとうございます[ありがとう1]
伝えるって難しいですけど、作りこまず今のままで挑戦していくしか
ないようです[苦笑い]聞いてくれる方に助けてもらい、ブログで鍛えて
いきたいです。
スカイブルーさんも、どんどん皆に伝えてくださいね[ハート]

  • 2012年03月18日 16:20:00

kazumi

ピーパーさん。
やっぱりあなたのお人柄が私は好きですね。
だから、小林正観エピソードを書こうと思えたんです。
人を動かす純粋さと、一生懸命さと、
真摯に関わってくださるところが、愛されるべきところですよね。

ピーパーさんは必ず良い女性とご縁がありますよ[ハート]
あの方みたいに”女難の相の集大成!”と感じる女性に![ラッキー]
あなたなら、そんな相手を守って必ず幸せにします♪

  • 2012年03月19日 22:29:00

非公開

管理者にのみ公開されます。

  • 2012年03月20日 14:18:00

kazumi

非公開さん
本当です。
ただし、そのチャンスがくるのは、あなたがやるべきお仕事に挑戦し始めたときかもしれません。そのお仕事は、そうです!アレです(笑)

  • 2012年03月21日 14:06:00

礼子

小林正観という人をこのサイトで知りました。精神性の深いことを書いて来た人にしてははしたない下品な人ですね。非常に短命だったようですが、これは人を侮り体の良いきれい事を著書にしたためたり説いたりしてきた偽善者に下った神罰でしょうか。カズミさんはとても純粋な感じで大好きです。これからもガンバッテください。時々このサイトにきて読んではあなたの賢さに感嘆しています。斉藤一人さんの件も読みました、が私は一人さんの取り巻きは別として一人さんは子供のような純粋さがあるのでYouTubeで大笑いしながら聞いています。一人さんは小林正観の大ファンだったそうで正観の本は全て買って読んだとか。なので偉そうな正観が一人さんのことを中傷したようなので一人さんが可哀想な気がします。でもまあ、逝ってしまったのですから過ぎたことですね。ところでカズミさんはなんのお仕事をしてらっしゃるのですか?

  • Mail
  • 2015年10月04日 04:26:01

Kazumi

礼子様
コメントありがとうございました。
プロフィールにありますが、わたしの仕事はスピリチュアルカウンセラーです。

  • 2015年10月23日 21:25:50

マーキー

正観さんの一冊の本にたまたま出会って感動した者です。一冊しか読んでませんが、正観さんってどんな人だろうと興味が湧いて、ここに辿り着きました。セクハラ事件があったのですね!ビックリしました。セクハラは許されませんが、どうか正観さんを許してやってください。許すことができる人は相手よりも強い立場の人です!

  • 2016年06月11日 22:32:04

権限がありません

このコメントを閲覧する権限がありません。

  • 2016年06月13日 14:24:49

ゆい

被害者さんのblogでセクハラ擁護する人がいることに驚きです。それ、世間的にはセカンドレイプっていうんですよ?
同じ穴のムジナということでしょうか。自己紹介お疲れさまです。
どんなに良いこと言っても小林氏自ら台無しにした、ということです。それだけのこと。
実が伴わない説法に力はありません

  • 2016年09月05日 00:42:41

ちびめろ

はじめまして。
一人さんのお話をユーチューブで聞き始めてこちらのブログにたどりつきました。
私は20年以上前に正観さんにお会いしてまだ有名になる前で10人くらいの小さなお話会、謙虚で品のある方のようにお見受けしました。
2回目にお会いしたときは有名になって講演会も大勢人が集まり、ありがとうを連呼してお金も入ってくるというグッズ販売をされていました。
このあたりから、おかしくなった気がします。
斎藤一人さんの影響なのか、正観さんが先なのかわかりませんが、お金の話しをすると集まる人が変わると感じました。
お金の話しは方便で真理を広めたとも考えられますが、セクハラはいけないですよね。
たくさん食べるのも性欲も霊的には肉欲が勝って霊のエネルギー不足です。
真理の理屈は説けても霊性を高め霊的に生きることはできなかったのだと思います。
私もできていないので偉そうなことはいえず、ただ、俗世間にまみれながらでも霊性を抜きにしては真理は語れないと考える次第です。
どうかセクハラにあった自分をゆるして楽になってくださいね。

  • Mail
  • 2019年12月05日 18:48:01

ちびめろ

小林正観さんとまるかんの他の記事を少し読みました。
すでにセクハラ事件のショックを乗り越えていられるとのことで安堵しました。
セクハラの被害にあった方が多数いるにも関わらず、知らぬふりをしたうたし会は問題ありです。
私は小林正観さんからうたし会に入るように懇願されましたが入会しなかったです。
紳士風でアドバイスをしてくれたのですが、よくないものを感じたからです。
まるかんの特約店を切られた話しを読みました。
私は一人さんの動画を見ただけなのですが、一人さんは悪くない良い人だという刷り込みが潜在意識になされました。
一人さんはなかなかパワーのある方ですね。
正観さんと一人さんから学んだのは言葉ではいくらでも良いことが言えるけど、行いが悪ければ悪い人だということ。自分を信じること。

  • Mail
  • 2019年12月07日 15:28:39

ちびめろ

他の記事を少し読みました。
すでにセクハラ事件のショックを乗り越えていられるとのことで安堵しました。
セクハラの被害にあった方が多数いるにも関わらず、知らぬふりをしたうたし会は問題ありです。
私は小林正観さんからうたし会に入るように懇願されましたが、よくないものを感じたので入会しなかったです。
まるかんの特約店を切られた話し、ひどいなと思いました。
部下がやることは経営者の責任で、一人さんは悪くないということは絶対にありません。
そう気づいている私でも、一人さんの動画を見ただけなのですが、一人さんは悪くない良い人だという刷り込みが潜在意識になされました。
なかなかパワーのある方です。
正観さんと一人さんから学んだのは言葉ではいくらでも良いことが言えるけど、行いが悪ければ悪い人だということ。マルチ商法は問題があること。
自分を信じることです。
気づかせていただいてありがとうございます。

  • Mail
  • 2019年12月07日 15:49:26

コメントはこちらのフォームからお願いします。

登録フォーム
お名前
Mail
URL
絵文字
コメント
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
閲覧制限

PAGE TOP